iPhoneショートカットでポモドーロを開始&記録する

SoftSkills

本記事はポモドーロテクニックを実践している方、かつiPhoneユーザの方向けの記事となります。

そもそもポモドーロテクニックって何?という方は以下記事をご参考ください。

簡単に言うと25分作業して5分休憩するを繰り返す作業集中テクニックです。

ポモドーロテクニックにおける記録の重要性

日々、どれだけのポモドーロをこなして来たかを自己評価とすることがこの手法における重要なポイントの一つです。

ただ、あんまり集中して作業していると、

「・・・あれ、、、今何ポモドーロやったっけ😅」

という現象が発生しがちです。

いや、こんなアホは私だけかもしれませんが・・・。

iPhoneショートカットでポモドーロを開始&記録

そこで、iPhoneショートカット機能を使って、Siriに

「Hey Siri.ポモドーロ」

と伝えるだけで25分のタイマーを起動し、iPhoneメモに実施を記録するショートカット機能を作成しました。

もちろんショートカットをタップしても良いです。

メモに「ポモドーロ」というフォルダを作成して、ショートカットで以下を完コピすればOKです。

ショートカット

メモの記録

こんな感じで日別にメモを作成して記録してくれます。

仕様など

あと何分?

「Hey Siri.あと何分?」

で答えてくれます。標準の機能です。

休憩は?

「Hey Siri.5分測って」

でOKです。標準の機能です。

休憩も記録がほしければ、上記と全く同じ内容で時間を5分にしてテキストを「休憩」としたショートカットを作っても良いです。

iPhoneショートカットはタイマーの連続起動ができない

25分のタイマー測った後に5分のタイマー測れば良さそうですが、これは実際動きません。

途中に「戻るまで待機」というアクションを追加すればなんとか動くのですが、条件によってはショートカット丸ごとキャンセルされたりで全然ダメです。

iPhoneのタイマーは「一つ」しか起動できないので、25分測った後に5分測る。という動作を一連のショートカットにするのはちょっと難しいみたいですね。

5分の休憩の重要性とアラームを使わない理由

「タイマー」機能では25分測った後に5分測るのはショートカットではうまくいきませんでした。

しかし、現時刻から25分後と30分後の「アラーム」をセットするショートカットを作成するのはうまくいくと思います。

ただ、私の趣味かもしれませんが、タスクの開始終了の合間の休憩は、

「タイマーを止めて次の時間をセットする」

という何かしらのアクションを取った方がちゃんと作業を止められる・休憩を開始できる気がしています。

ショートカット機能で省力化することと矛盾している気もしますが、

切りが悪くても作業を中断して休憩することが、次の25分を行う重要なモチベーションとなります。

25分のタスクの終わり、5分の休憩の開始は、Siriに一言かけるくらいの手間を掛けてぶった切るというのが私のたどり着いた手法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました